2017年3月16日木曜日

タラソテラピーを考える

花屋さんに行くのが楽しみな時期に(*^-^*)
花を飾る生活は贅沢ですねぇ~
超豪華な花が飾れるようになりたいです(∩´∀`)∩













花と味噌汁(味噌汁ブーム再来中、半断食も継続中)













本日はタラソテラピーを考えてみます。


そう……


生命の誕生は母なる海から…


病院で行われる【点滴】の第一の目的は
水と塩を補う事…


という理由から【塩】を信じてやまない店主です(*^-^*)














タラソセラピーって昔一時的に話題になりましたよねぇ。
死海バスソルトなんて流行ってました!
流行りすたに関係なくいいと思うものは信じ続けます( `ー´)ノ



塩の美肌効果は絶大なんです!!(∩´∀`)∩
デトックスにも欠かせないのは【塩】だと思っています♪



店主の塩の年間消費量はたぶんなかなかのものです。
キッチンの下は塩の大量ストックであふれています(^^;)













どのように使用しているかというと…

①お風呂…あら塩を湯船に大量に入れています。※保湿と保温効果は抜群!
    配管の事を考えて掃除は時間をかけます。※運動にもなる。
    
     
②マッサージ…手作りバスソルトで頭皮をマッサージします。


③うがい…風邪予防ならこれが1番に決まってる!と思っている。


④歯磨き…たまにですが塩でみがくと歯周病予防なんかになるような気がする。


⑤食事…朝、良い塩を良い水と一緒にひとつまみ食べてる。



もはや塩がないと不安で不安で…
これをタラソセラピーというかどうかは別として(*^-^*)



海水をあびたり、海泥をぬったりする外用的なタラソセラピーは
あるけれど、内用的なタラソセラピーは案外ないものです。。
本来のタラソセラピーは体内に塩のミネラルを取り込むことで
体内環境を整え、本来の生命力を復活させる事なんじゃないと
思うんです。



減塩が叫ばれるなかなんですが…(^^;)
それなりに良い塩は摂取した方がいい。と考えています。



ちなみに、なにをしてもなかなかやせない方の中にはもしかすると
ミネラルバランスの崩れで代謝がうまく行われていない。
なんて事も考えられます。


しかし、海洋療法って200種類以上の類型があるそうです(>_<)

ハイドロセラピー(水治療法)

キネジセラピー(運動療法)

テルモセラピー(温熱療法)

クリマセラピー(気候療法)などなど。

気候療法なんてあるんですねぇ~



クリマセラピーはこのように書かれていました↓
「海岸で潮風による冷刺激を受けながら、砂浜を運動の負荷を
管理しながら行うウォーキングは、地形療法としてドイツを中心とした
海浜保養地で積極的に活用されています。
潮風が含む塩分の粒子(海塩粒子)を海岸で吸入する吸入浴も、
タラソテラピーで代表的な療法の一つです。」


もはや海辺歩いて海の空気吸えばいいだけなんじゃ…とか
思っちゃうんですけど(-_-;)
もちろんすごく環境のいい海じゃなきゃでしょうね…


という事でもうすぐ「肌断食」半年目をむかえますので
次回中間報告をしたいと思います(*^-^*)
なかなか険しい道のりでした(>_<)
もちろんこころの葛藤の話ですけどね(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿