2016年5月16日月曜日

運動は20分以上しなくてもいいんです♪

「運動って20分くらいしないと脂肪って燃えないんですよね?」
って話はもはや定説のようになっています。










そんな事はないんです!(*^-^*)
普段の生活で使っているエネルギーはそもそも脂肪でまかなわれて
いるわけですから、脂肪燃焼をしていることになります。
20分やらなきゃいけない理由を簡単に説明すると
下記のようになります。


【脂肪燃焼までの流れ】
①運動開始

②糖質をとりあえずエネルギーに使用(開始時、脂肪はエネルギーに使われ
 にくい。)

③運動をはじめてその後、交感神経が活性化される

④アドレナリンやノルアドレナリンと言ったホルモンが増える。

⑤【ここで脂肪がさかんに分解されるようになる】

⑥すると、脂肪酸とグリセロールという物質が血液中に出くる。

⑦今度はそれを取り込んでエネルギーとして使うようになります。

ここまでの経過が15分~20分かかると言われています。
運動をすると、エネルギー需要が一気にあがり
まずは手っ取り早くエネルギーになりやすい【糖質】を使います。
運動の開始時はエネルギー全体の脂肪使用率はぐっと下がります。
脂肪燃焼には少し時間が必要って話なんです。


ただ!!ここからが本題です( `ー´)ノ
脂肪は筋繊維の中にもあり、この脂肪はもっと早くからエネルギーとして
使われています。
運動開始から20分経ったところで脂肪燃焼しているのは
皮下脂肪などの脂肪組織が分解されたという事なんです。
①~③までが10分くらいと言われていますので


10分運動して、10分休憩したとしても交感神経レベルはゼロには戻らないので
また10分運動すればいいんです(*^-^*)
ですので、もちろん早急に脂肪をなくしたい!!という方が運動するには
20分くらい有酸素運動をした方がいいのですが
すでに使用されている筋肉中の脂肪が使われると減った分皮下脂肪で
補うようになっているので20分以上しなければならない。という事
はないんです(*^-^*)



長期的にみれば
【10分運動してー10分休憩して、また10分運動してー休憩10分】
というようなやり方でも20分運動したのと同じ効果なんです(*^-^*)


20分同じ運動をするなんてつらくて仕方がないので
ジムでは10分走って、10分ボーっと歩いて
また10分走ってボーっと歩いてを繰り返して飽きたところで撤収しています。
ポイントはインターバルは長くなると良くないので5分~10分といったところが
ベストかと思われます。
ちなみに一番やせやすい有酸素運動はエアロビクスです。
親がインストラクターをやっていたわりにはエアロビはすごく苦手で
過去3回くらいしかやった事がありません(-_-;)

0 件のコメント:

コメントを投稿