2018年2月19日月曜日

運動もしないのに痩せている人

オリンピックってワクワクしちゃいますねぇ~(*´▽`*)
スピードスケーターの太ももに魅了される毎日です。
あんな太ももを手に入れたい(∩´∀`)∩
 

店主はメリハリのある、躍動感にあふれるボディに憧れ続けているので
太ももはある程度太さがあってー
ふくらはぎはシャープでー
おしりはキュッとしまってて大きさはあるけどコンパクトでー
っていうのが理想です(∩´∀`)∩
















さて、今日は痩せている人の生活について考えてみました。
※もともと痩せていて胃腸が弱いタイプの方は除く。





















自分となんら変わりのない生活スタイルの方で
会社や友人、ご家族に痩せてる人っていません???
もちろん運動もせず、食事もそんなに自分と変わらず。
ご家族でしたらおそらくほぼ食事は同じだと思われます。




しかし、同じ生活スタイルだとと思っているその方は
実は全く違う事が多いんです(>_<)




それはおそらく活動量(^^)/
※基礎代謝量がべらぼうに高い人は除く。




痩せてるご本人もあまり気がついていない事が多く
よくよく観察するとこまめに動いているんです。




例えばコップ一つ取りに行くという行動でも
身体の動き自体が省エネの人(ちょっとずぼらなタイプ)と
もともと、ある程度動ける身体の人とではささやかながら
カロリー消費が違うと思うんです。



他の例だと、すぐ近くのスーパーに歩いていくのと
自転車で行くのも微々たるカロリー消費は違うはずです。
だって帰りは重い買い物袋を持って歩くのですから
自転車のかごに入れるのと訳は違います。
腕の筋力だけでなく様々な部分が使われます。




そして一番は…



「ついでにこれもお願ーい!」と言って
様々なシーンでちょこっとずぼらの貯金を積み重ねている人(-.-)
こうすれば楽だ。がベースとなった思考になっているのは
今の時代仕方がなさそうですけど…(´ー`)



こんなささやかな事の積み重ねだけど案外大きく影響すると
思います。。日々のことですし(´ー`)




店主的には日常でのカロリー消費が一番の時短だと
思っています。
運動する時間がない時は、とにもかくにも一日中
ゴゾゴソして過ごしています(^^)/




個人の感覚の違いって大きくて「歩いて40分!!すごい大変!」って
思う人もいれば「歩いて40分か、近いね!」と思う人がいて
この差が痩せるか太るかの分かれ道(^^)/だと思っています。




そして、とーっても当たり前な話ですが




【楽をすればするほど人体は老化します】(>_<)




今日楽をすれば明日は老化しています(^^)/




そのうち、利便化される時代に逆行するのがトレンドになって
ものすごい力でこじ開けないと開かない玄関とかー
便座のふたがべらぼうに重いとかー
洗濯機のボタンはものすごい力を加えないといけないとかー
高重量のおはしとかー
すっごい重さの洋服とかー帽子とかー
帽子辛そう(笑)
激重のカバンとかー
発売されないですかねぇ(´∀`*)ウフフ
鋼鉄の身体が出来上がりそうですねっ(^ω^)

0 件のコメント:

コメントを投稿